中庭の焚き火鉢

c0206406_18233594.jpg
こちら、ほうとく幼稚園自慢の「焚き火鉢」でございます。昨年、『八ヶ岳倶楽部』で見つけ、まあ!!なんてほうとく幼稚園にぴったり!!
 ほうとくに来ないでどこに行くの!!とその場でそく購入。それまで、石組みだった焚き火スペースが生まれ変わりました!!夏は、花を飾り、冬は焚き火に五徳を載せて美味しいものを煮たり焼いたりたり、この焚き火鉢を囲んで楽しい会話が弾みます。

 今年も、今日から中庭で焚き火がはじまりました。「焚き火で身体を温めるとどうして気持ちいいんだろうね?」指網で毛糸を編みながら女の子たちが笑顔を交わしていました。
 本当に、焚き火の温かさは身体の芯まで暖めてくれます・・・。
ほうとくの中庭を一言で現すと「地味な庭」です。キャラクターの遊具は何一つありませんし、派手な花壇もありません。だけど、、季節の草花や落葉樹、林檎の木やいちご、さくらんぼ・ブルーベリー、ハーブなど美味しい草木・・・木製のベンチやステージに小さな小川、これまた小さなお家が一軒と、木製の六角形の二階建て物置・・・それから、リヤカーやスコップなどカッコいい道具類・・・。実に地味な中庭です。
 だけどこの「地味」な庭が本当はとっても「贅沢で!おしゃれな自慢の庭」なのです。四季折々、子ども達の遊びを変化させ、四季折々に子ども達の暮らしに彩りと工夫と発見を与え、心を楽しませたり、心を和ませたり、癒したり、元気付けたり・・・・そして、仲間との共感を広げてくれます。・・・なんて贅沢な庭でしょう。
 これから、冬の間少々いぶくさい子ども達がお母さんたちの胸に帰ってきたときは「ああ・・・友達と楽しい笑顔と心のかよう言葉を交わしてきた匂いだなあ・・・」と抱きしめてあげて下さいね・・・・

[PR]

by houtoku-kids | 2009-11-19 19:31 | こんにちは!きょうこです。

<< どんんぐりだより 6号 お庭の冬支度 >>