水族館探検で見つけたこと・・・(春の親子遠足)

 本日、春の親子遠足で「アクアマリンふくしま」に行ってきました。
子どもの「うしろ姿」は「好奇心の後」をついて行くみたいでワクワクします。
 子どもの、言葉以上の声が聞こえてくるようです。
 
c0206406_1841506.jpg
年長児の男の子とお母さん・・・2人とも同じ目的(オリエンテーリング)に向かって真剣!お母さんと「協同」しています!

c0206406_1842407.jpg
 緑色の帽子は年長児、真ん中の赤い帽子は年少児、手前のオレンジは年中児 。お兄さん、お姉さんにはさまれて、安心した空気の中でお魚とお話できる年少児の声が聞こえます・・・。

c0206406_18433131.jpg
水槽にへばりつく年少児。「お星様が、ずっとボクを見てるんだよ!!」

c0206406_18435384.jpg
仲良しの友だちと楽しさを共感しあう年長児  

c0206406_18472530.jpg
仲間と一緒に驚きを共感しあう年長児

c0206406_18475479.jpg
お母さんと同じ後姿!!お母さんと自分のオリジナル図鑑を作る年中児の女の子

c0206406_18484287.jpg
大好きな先生と一緒に大きなセイウチの動きに興奮する2歳児

c0206406_1849054.jpg
 大きな水槽の前に座り込み、仲間と並んで自分の図鑑を作る4歳児の男の子

今日の親子遠足では、自由な見学や遊びの時間の後、各学年に分かれて水族館探検をしました。
    遊びのキーワード(活動のねらい)は 『発見の喜びに胸をときめかせる』 

 年長児はオリエンテーリングカードを手がかり に、世界の海の生き物をグループの仲間と  発見する楽しみを
 年中児はお母さんや自分が気に入ったり、美し  い!面白い!気持ち悪い!不思議~!    つれて帰りたい!!そう感じた水の仲間を自分の水槽「水の仲間大図鑑」に描きこむことで発見の喜びを味わえるように
 年少児はポストカードを手がかりに同じ魚を探す宝探しに・・・。
 この、水族館探検で私達保育者にもうれしい「発見の喜び」がありました。
 1つは、この「うしろ姿」つまり「好奇心の姿」を見ているとほうとくの子どもは、物・事・人に向かう力がしっかり  と伸びていると感じました。事象に出会ったときに「感じる力」を敏感に発揮しているのだと思うのです。
 2つ目は、ほうとくの保護者の方々が「子どもといっしょに楽しむ」という感性をもたれていることです。何かを  教えるというのではなく、子どものココロに敏感に・適切に・優しく・上品に振舞って下さるということです。
 だから・・・こんなメガネだってかけて、水族館を探検してくださいます!!
c0206406_1945884.jpg
 ※ちなみに、これは、魚になった気分になれる「お魚なりきりメガネ(年少児親子限定品)」でございます。


 大人との基本的な信頼関係の中で、子ども達は安心して探検し、発見の喜びを伝え合い、受け止められ自分の世界を広げていくのだと思います。
              
 
 そのしるしに・・・こーんな いい顔してるのです!!

c0206406_18492987.jpg
保護者の皆様、今日は本当にお疲れ様でした。そして 心から ありがとうございました。
[PR]

by houtoku-kids | 2010-05-20 20:23 | こんにちは!きょうこです。

<< 自慢のいちご畑はおじいちゃん、... 絵本と子どもの風景 >>