「ほっ」と。キャンペーン

20日遅れの卒園式・・・

        平成23年 3月11日  午後2時46分
       体験も想像の範囲も超える事態がおこりました。

 あれから、25日ぶりの4月5日、35名の子ども達とご家族の皆さんの卒園の日を迎えることが出来ました。
 様々な複雑な問題がある中で、沈着に冷静に、忍耐強くこの日を待ち続けてくださった保護者の皆様、そして辛抱強く、この日の準備をしてくれた先生方に心から感謝いたします。

そして、なによりこの日を心持にしながら 不安な日々を過ごしてきた子ども達に感謝です。


25日ぶりのみんなは、たくましくなっていました・・・
c0206406_12133310.jpg
c0206406_12134598.jpg
c0206406_1214859.jpg
c0206406_12141625.jpg

 25日ぶりだから、忘れちゃっていないかな・・・そんな先生達の心配をよそに、みんなが作った絵本「ぼくたち、わたしたちのようちえん」の絵本を開くとみんは歌を歌いはじめました。やっぱり、まつ組みはすごいなあ・・・。
c0206406_13342766.jpg

お母様方が、今日の日にと教職員全員にコサージュを作ってくださいました!!
◆さあ、いよいよ ハレ舞台へ出発!!
c0206406_12184689.jpg
c0206406_1219227.jpg
c0206406_12191219.jpg


◆卒園式は、この大震災で命を落とされたたくさんの子どもたちの冥福を祈り黙祷からはじまりました。
c0206406_12224780.jpg


卒園児入場!! 「手をつないで入場したい」みんなの意見で手をつないで入場です。まつぐみらしいね!!
c0206406_1224409.jpg
c0206406_12245172.jpg
c0206406_1225652.jpg
c0206406_12251998.jpg

入園式には、お母さんに手を引かれ入ってきた同じ道を、今日は仲間と手をとり入場です・・・。みんな おおきくなったね・・・。
そして、年長組みの先生達も嬉しい入場・・・
c0206406_1228282.jpg

◆ドキドキの修了証書授与
c0206406_12303552.jpg
c0206406_1230479.jpg
c0206406_123112.jpg
c0206406_12311986.jpg
c0206406_12312943.jpg
c0206406_12314017.jpg

c0206406_1236219.jpg

どの子もどの子も、しっかりと園長先生と目を合わせ、しっかりと握手を交わし修了証書を受け取りました。笑顔で、緊張した顔つきで、涙をこらえて・・・表情は色々だけど、どの子もどの子の顔にもしっかりとした“意志”が表れています!
◆園長先生から お祝いのお話し・・・
c0206406_12375890.jpg

園長先生は、卒園していくみんなに「3つ持っていくもの」をお話しなされました。
一つ、よく聞く耳・・・正しく素直に聴くこと
2つ、よく話す口・・・「嫌だ」「間違っている」がいえること、良いことを言えるここと
3つ、よくみる目・・・真実を観る目 優しさを看る目 注意深く視る目 夢を見る目・・・
この 3つを持つことで 「人とつながれる」と話してくださいました・・・。

◆そして、暖かい思いの詰まった卒園記念品・・
c0206406_12441525.jpg

幼稚園からは、これから、様々な学びが広がるようにと辞書を・・・。
おやじの会からは佐久間さん考案!わんぱく山の木で作った「お家がたのペンたて」生活展で家作りから町創りへ発展させたまつぐみにぴったり!!
ママの森からは、陶器のお地蔵様・・・。一つ一つ丁寧手作りされたお地蔵様はどれ一つとして同じお顔がありませんでした。子ども達の安全と仕合せを願って園長先生の祈願済み!!

◆在園児からのプレゼント紹介
c0206406_12503838.jpg

うめぐみからはペンダント。「誰ちゃんから誰ちゃんへ」メッセージ入りのペンダント・・・。「バスのなかでお話ししてくれてありがとう」「こま回しおしえてくれてうれしかったよ」「色水つくってくれてありがとう」ひとりひとりのつながりが贈り物に詰まっていました。うめぐみの子ども達の分まで、たまみ先生が小さい組の「ありがとう」をいっぱい伝えてくれました。
c0206406_12535223.jpg

きくぐみからは、お家方の手紙入れ・・・。一緒に遊んだ生活展での家・町創り、郵便や三ごっこそれらの遊びの中で年長さんへの憧れを一杯にした年中ぐみらしい贈り物・・・。一人ひとりが、「誰ちゃんはこういう色が好きなんだよ」「○○君は、こういうところがすごいんだよ」そんな想いをもって一人ひとりに作ったことを、あきこ先生が伝えてくれました。
◆卒園児からはきりえのカレンダー
c0206406_12591215.jpg
c0206406_12592928.jpg

兄弟姉妹で参加してくれた在園児が代表でうけとりました
◆卒園児 お礼の歌
c0206406_13193841.jpg
c0206406_1320066.jpg
c0206406_13201274.jpg

 ♪♪春のやさしい ひざしのなかで
  つくしに よもぎ みつけたね
  つりざおもって いけの ほとり
  みんなで とった まっかちん
 
  わんぱくやまに リュックをしょって
  力をあわせ きゃんぷした
  ドラム缶風呂 ばくだんおにぎり
  たのしい おもいで わすれない

  園長先生 お魚ショーをしてくださってありがとうございました。
  ずっと 元気で いてください。
  
  一緒に遊んだり、いっぱいほめてくれたり。真剣に叱ってくださった先生方
  ありがとうございました。

  うめぐみさん、泣くのは困るけど、かわいかったです。
  きくぐみさん、おみせやさんごっこをやってくれてうれしくて、面白かったです。
  小さい組とあそべて 楽しかったです。

 ♪♪わんぱく小屋は 魔法の小屋さ
  楽しい 冒険明日に続く
  キャンプレース
  うさぎのお世話 いつも一緒に遊んだね

  ねえ、ねえ 先生 わんぱく山で
  また あそぼうね ゆびきりしよう
  らららら ねえ ねえ お母さん
  ぼくも わたしも
  こころ ほかほか 大きくなりました。
  ぼくも わたしも もうすぐ 一年生  ♪
c0206406_13293168.jpg
c0206406_13294230.jpg
c0206406_13295431.jpg

ぼくたちわたしたちの幼稚園」「門出の歌」「一年生にになったら」を晴れやかに歌った卒園児・・・。
c0206406_13314529.jpg

お母様方の嬉しさは はかりしれないものがありますね・・・・。本当におめでとう!!
◆卒園児退場
c0206406_13332714.jpg
c0206406_13335357.jpg


◆にっこり 晴れ晴れと記念撮影 
c0206406_13411214.jpg

 卒園児保護者の皆様が、謝恩会をとご準備をしていただいておりましたが、このような事態の中で謝恩会を中止しざる終えませんでした。
 せめて、卒園児とお母様方に・・・と“先生方ではなむけの会”をささやかですが模様しました。

           ♪♪♪♪     はなむけの会  ♪♪♪♪♪
c0206406_13435710.jpg
c0206406_13443662.jpg
c0206406_13451343.jpg

 先生方から歌「糸」の贈り物・・・。悦子先生、ムーちゃんもお祝いに駆けつけてくれました。卒園児のみんなも「おおきくなっても」を手話つきで歌いました・・・。お母様方も、キロロの「未来へ」を手話つきで贈ってくださいました。「
c0206406_13462472.jpg

辻先生がお祝いに、東京から探しまくって子供シャンパンを運んできてくれました。
グラスは、映像倶楽部の山口さんご夫妻が調達!!
やっぱり ほうとくらしく 乾杯で打上でございます!!
c0206406_13472317.jpg

◆乾杯の音頭はもちろん!!われらが佐久間さん!!
c0206406_13514323.jpg

佐久間さんも涙涙の乾杯・・・。「佐久間さんが泣いちゃダメだよ~」と恭子先生。
c0206406_1353416.jpg
c0206406_1353353.jpg
c0206406_13542246.jpg
c0206406_13545117.jpg
c0206406_13552076.jpg
c0206406_13554537.jpg
c0206406_1356560.jpg
c0206406_13565993.jpg


 卒園児の保護者を代表して、会長の木村さんが「ほうとくに娘を預けて本当に良かった。
みんなの思いです。」と短くも最高の言葉をくださいました・・・。
本当に本当に 卒園 おめでとうございました。そして 本当に 本当に ありがとうございました。

[PR]

# by houtoku-kids | 2011-04-09 14:03 | こんにちは!きょうこです。

“さくら”が咲きましたよ

c0206406_14413422.jpg

 4月1日(金)園舎の安全点検が終了いたしました。
 幸いなことに今回の震災でも、幼稚園の園舎にはまったく異常が見られませんでした。
あまりにも異常がないので、逆に心配になったほどです・・・。設計をしてくださった環境デザイン研究所の仙田満先生も仙田順子先生も建物のことばかりではなく、園や子ども達、私達の心配をしてくださり、仙田こうさん、浅井さんが駆けつけてくださり、園舎の点検をしてくださりました。また、施工会社の西松建設の尾形さんも仙台の仕事の合間を縫って点検に来てくださり、安全を確認してくださいました。本当に 感謝感謝です。
 園庭は、地割れと石垣の損傷があり、前向きな改善を目指し既に3月26日から改善をスタートしました。その際、庭の桜の木を5本切ることとなりました。春にはうすピンクの花をさかせ、夏には葵い葉で木陰をつくり、秋には紅い葉で彩り、冬には葉を落としひなたを作ってくれた 優しい桜の木です・・・。佐久間さんと枝を集め、水差ししたものを、先生たちやボランティアの方たちと「被災ど根性桜」と勝手に名付け避難所や物資を届けてくださった方々にお配りしました。この桜が咲くのと一緒に、少しでも 一人ひとりの心に希望が咲きますように・・・そんな願いを込めました・・・。
 そして、佐久間さんが水差ししてくれた桜が咲きました!
 私達の心に希望の花が咲いた印です。4月5日(火)10:00「卒業証書を渡す会」を行うことといたしました。卒園児の保護者の皆様には、お知らせいたしましたが、自主参加での催しです。もし、自主参加で、お祝いに来てくださる方がいらっしゃいましたら・・・そんな思いで
ホームページに掲載いたしました。
 
 
実は、卒園式に小さなコンサートをしようと卒園児と保護者の方には内緒で準備をしていました。夕暮れ保育に来てくれている音楽家のムーちゃんのピアノで卒園児のちょみちゃんに「糸」という歌を歌ってもらう予定でした。「ほうとく町」を創りあげた子ども達から、私達はたくさんのことを学びました。一人ひとりが糸となって出会う「仕合せ(しあわせ)」そして、「幸せ」を創っていくこと・・・。国語の辞書でしらべたら、「仕合せ(しあわせ)」とは、「運命のめぐりあわせ」と言う意味だそうです。今、このような状況下の中で巣立っていく子ども達に感謝をこめて・・・。     
  「糸」
なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない


なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささく

こんな糸が なんになるの
心許(もと)なくて ふるえてた嵐の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます
              作詞 中島みゆき
[PR]

# by houtoku-kids | 2011-04-03 15:29 | こんにちは!きょうこです。

かっこいい?!きょうこせんせいショベルカーに乗る!


お庭の修繕のために、桜の木を切りました。池も、わんぱく砦もちょっと休憩・・・。
でも、さみしいことではなくて「はじめの一歩です」さっそく、お庭作りプランスタート!
きょうこせんせいもショベルカーに乗っちゃったよ!!かっこいい??
c0206406_17214517.jpgc0206406_1722718.jpg

c0206406_17273293.jpg

 だけど、やっぱり、お仕事は プロにお任せです!!ほうとく幼稚園の子が、卒園児が、地域の子ども達が 春には安心して遊べるようにと
工事の方々が一生懸命、誠実にお仕事をしてくださっています。地域の大人が子ども達のために心を寄せて力を尽してくださっています。本当に感謝感謝です。

    ・・・・・そして 先生達は・・・・
c0206406_17332446.jpg

 神奈川の幼稚園の先生からの差し入れのパンにかぶりつき!元気モリモリです!!
 神奈川・東京・兵庫・大阪・群馬・青森・・・様々な幼稚園の先生方からも心のこもった励ましのメールや電話をたくさん、たくさんいただいています。
 今回の大震災・津波・そして原発事故における被害は、私達の経験や考えの到底及ばぬ事態でした。試練と言うにはあまりにも過酷な現状でもあります・・・。
でも、そんな状況下にあっても、嬉しいことがあります。日々の保護者の方々からの電話や卒園児からの応援ファックス・・・。日本各地の幼稚園仲間の支えを感じ取ることが出来ると言うことです。
 原発事故は現在進行形であり、不安はつきません。まだ、現実を受け止めていない子どもが多いことでしょう。これから、将来的な不安も出てくるでしょう。子ども達の未来を考える時「今、ここ」できちんと子ども達に寄り添っていける大人の一人でありたいと思います。そして、そのための行動を誠実に実行していきたいと思っています。

[PR]

# by houtoku-kids | 2011-03-29 17:50 | こんにちは!きょうこです。

こんにちは!せんせいたちだよ!!

3月25日(金)今日は先生たちと 卒園や進級の準備をしました。
一日も早く みんなの“ハレの日”を迎えられることを みんなで祈っています。


c0206406_15264916.jpg

↑↑「かなせんせい~ちゃんとお仕事しなさーい!!」みんなでポカリ!?
とても 大きな地震だったので、園長先生は建物の健康診断を 幼稚園を建ててくださった会社の方に頼んでくださいました。みんなを安心して迎えるためです。
 お庭の修理も始まりました。佐久間さんも張り切ってお仕事してくれています。
鉢植えのブルーベリーやぶどうの木をお庭に植え替えたり、うさぎさんたちの小さな畑を作ったり、ツリーハウスを作ったり・・・生活展で創った「ほうとく町」を今度はお庭に作るのですから、みんな張り切って頑張りましょうね。みんなで集まるのが楽しみだね。

[PR]

# by houtoku-kids | 2011-03-26 15:24 | こんにちは!きょうこです。

こんにちは ふきのとう です!

c0206406_114642100.jpg

3月のお誕生会のコサージュ「ふきのとう」です。
植木鉢にあつこせんせいが寄せ植えにしてくれた「ふきのとう」がぐんぐん伸びてきました。
お庭の、うめの花は今がとても見ごろです!うめの香りがお庭にも漂ってきます。
みんなも、ちょっと長い春休みの間にぐーんと背も伸びているでしょうね!
昨日もきくぐみ、まつぐみ、ひよこぐみのお友達から電話がありました。
 お家で、卒園式のうたや 幼稚園のうたを歌っていることや
 楽器を作ってお姉ちゃんと遊んでいることを教えてくれる子、
 園長先生や、智祐さんは ののさまにお経をあげてくれているかな?と心配している子がいたり
 ダンボールハウスで妹と遊んでいることなどなど教えてくれました。
 ほうとくっ子らしく、みんな 色々な物をつくったり、ルールを考えたり、音楽会ごっこをしたり、元気に過ごしていることが聞けて 先生達も嬉しいです。
 みんなのおうちで 歌が響きあったら きっと パパもママも みんな 笑顔になるね!

  ♪ うめの はなさく おかのうえ
   しだれ ざくらのさくおには
   ことりも ぴいちく うれしそう
   ぼくも わたしも にこにこ うたい
   あかるい ほうとく ようちえん ♪

[PR]

# by houtoku-kids | 2011-03-23 12:00 | こんにちは!きょうこです。