「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:季節の絵本( 2 )

絵本と子どもの風景

 5月第2週目のある日幼稚園をぐるりひとまわりし、ふっと気付いたことに、ほうとくの子ども達が実に良く絵本や図鑑を手にし、魅入り、読みふける姿に出会うことです。
それは、 まるでご飯を食べるのと同じようにごくごくあたりまえのように生活の中で、絵本や本が暮らしの中にある風景なのです・・・・。


c0206406_2141710.jpg
三歳児の保育室のソファーに座り、撮影に来ていたカメラマンに自分の好きな絵本をみせる男の子その傍らで、自分の番を待つ男の子・・・。幼稚園の生活の中に子どもが自ら絵本や本を楽しむ場所と時間 があることが大切だと思うのです。。。

c0206406_2142848.jpg
本を楽しむ仲間がそばにいる安心感・・・・。3歳児の傍らで、2歳児も本を開き、次に展開する世界との出会いを楽しんでいるように見えました。

c0206406_2145149.jpg
 それぞれの、興味や関心のある世界に入り込み自由に旅する楽しさ・・・・
 国旗の本に魅入る男の子・・・文字は逆さまになっています。色合い・形・模様などの美しさやに心を動かしているのかなあ~。動物の絵本を見ながら自分で創った“かわいいでたらめ話”で絵本を楽しむ女の子・・・このクリエイティブを楽しむ心はきっと未来の絵本作家!?


c0206406_215897.jpg
先生の声で仲間と身体を触れ合ってよみ聞かせてもらう楽しさと心地よさ・・・・
絵本の世界へ橋渡しをしてくれる案内役の大人がいることがとても大切です・・・。


c0206406_2151960.jpg
先生に、読んでもらった本を、先生にななりきって絵本の世界と、先生に読み聞かせてもらった時の楽しい時間をなぞる楽しさ・・・・
 先生の口調までそっくり!文節や抑揚をまねながら言葉の意味を理解していくのでしょうね・・・。


c0206406_2161942.jpg
 自由な遊びの時間にぬいぐるみに身体を預け、ゆったりと絵本を読んでもらう子どもたち。 
 
 子どもにとって本は心を癒し、開放し、元気付け、時空を超えて想像の世界を旅させ、生活の質を豊かにしてくれるものだとおもいます。お母さんや、お父さんにも小さい頃から心に残っている絵本が一冊ありませんか?
私自身、子どものころの情景や風景と共に心に残る愛おしい本があります。大人になって、子どもと共にその絵本を楽しむときもなんだかその時の切なさがこみあげてきます。きっと、ほうとくの子ども達は幼稚園の暮らしの中でそんな大切な「本との出合いと絆」を今、結んでいるのだと思います。
 本を読むことが、文字の読み書きや教科書の朗読の先取りに重点が置かれたり、冊数の量によってい子どもの読書の質を問うようなことへ子ども達をかきたてしまうようにならずにいたいと思います・・・。

[PR]

by houtoku-kids | 2010-05-18 22:34 | 季節の絵本

食欲の秋 その1

 ー 子どもたちのお気に入り絵本から 美味しい1冊をご紹介ー
子ども達が、拾ってくる秋の木の実や木の葉に日本の風情がたっぷりつまっています。
 食いしん坊の子ども達は、すぐにその素材たちをきれいな箱に並べたり、砂のケーキやお団子に見事に並べて、本当に目にも鮮やかな美味しそうなお菓子を作り上げていきます。和菓子職人さんもきっと日本の四季折々の風物詩をお菓子に味と色彩・形などに丹精込めて表現しているのだと思います。子ども達との違いは、無意識か意識しての表現かの違いかな?だけど、美しいと感じ揺さぶられて表現したいと思う意欲は子どもも職人さんも同じなのかもしれません。
 誕生会の手作りおやつ、9月のお月見団子 10月のおはぎ そして11月はさつま芋の茶巾です。子ども達と和菓子職人になりきって美味しく素敵に作りたいと思います。

c0206406_18475555.gif

[PR]

by houtoku-kids | 2009-11-09 19:04 | 季節の絵本