「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年長児が作った園便り

c0206406_042269.jpg


5月に年長児が植えたサツマ芋の苗は立派に実り、畑一面をさつま芋のつると葉っぱで覆っています。
意地悪な年少組みの温子先生が「ねえ、年長さん 本当にさつま芋植えてれたの?ぜんぜんお芋ないじゃない?」「ちゃんと、植えたよ!!」「どんなの植えたの?」「こういう、葉っぱをお船みたいに植えたもん!!」
「えっつ!!葉っぱ植えたの!!」「だからお芋じゃなくて 葉っぱなんじゃないの!!」50歳もとおに過ぎた先生にそんなことを言われ、年長児の諸君「土の中にあるんだよ!!」といいつつ・・・・少々不安げ・・・
佐久間さんに「ためしに 掘って見ろ~」と言われ恐る恐る掘って見ると・・・ありましたありましたお芋様!!
不安げな顔は瞬く間に自信の表情!!「ほーら!やっぱりあったじゃん!!」と今度は威勢のよい声で応戦!
 そんな訳で、年長組みが小さい組のみんなと「芋掘り大会」をしようと考え、先生たちと相談し、芋掘りの日程を決め、みんなへのお知らせを書いてくれました。事務の順子先生にお願いし、大急ぎで印刷をし、小さい組のみんなにも渡しました。
 「土の中にさつまいもができていました。」の文字に、年長児のほっとした気持ちがにじんで見えます。

 今年も 楽しく面白い芋掘りが幼稚園みんなで味わえそうです。さすが!年長さん!!
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-23 01:00 | こんにちは!きょうこです。

ずいぶんじゃないですか・・・

c0206406_8272437.jpg


このシャツ パジャマに見えるかな?
月曜日の朝、三歳児が私を見るなり、どんぐり眼をまん丸にして一言!
「先生!!パジャマで来ちゃったの!」驚きの声をあげました。
さすがの私も「パジャマに見えちゃう!ずいぶんじゃないの~。あなたのママ、いつもおしゃれなパジャマ着てるのね~」と切り替えしながらも苦笑するばかりでした。
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-21 15:33 | こんにちは!きょうこです。

ユニークでユーモアのある運動会

10月10日(土) わんぱく山で本当に楽しい運動会が繰り広げられました。
 会場に集まってくださった方々が、今まで以上に手拍子や拍手、笑い声、声援で子ども達を応援してくださり、親子競技や卒園児、PTAの競技にも子どもに負けるとも劣らぬ真剣さとチームワークを見せて下さいました。オトナが本気で綱引きをしたり、リレーをしたり、大玉送りで大騒ぎをしたり、そんな「いい空気」を子ども達が存分にあびることが出来た素晴らしい一日となりましたこと、参加してくださいました全ての方々に心より御礼申し上げます。

 「運動会が終わったから」、またもや「運動会をしよう!」運動会明けの本日、年長児は、明日「子ども運動会をやろう!」と楽しい企画をたてました。早速、「明日は、子ども運動会をします」と放送が流れると、幼稚園中から「やった~!!」と歓声が上がりました。
 ほうとく幼稚園の運動会は、よく「一つ一つが凝ってますね」「面白い競技ですね」「どの学年を見ても楽しい!!」などなどの言葉をいただきます。私の尊敬する園長先生のお一人に玉川弘先生という方がいらっしゃいます。その園長先生が「ばかばかしいことを、一生懸命にやる。大変なことは、さりげなくやるものだよ」と教えて下さいました。「幼稚園の運動会で子ども以上に本気になって応援したり、走ったり」そんなこと、ばかばかしいことと感じる人も少なくありません・・・・。けれど、子どもと一緒に、ばかばかしいことを一生懸命遊びきってくれる大人の空気をこどもが存分にあびることってとても心の栄養になるのだと運動会後の子ども達を見ていると強く感じます。
だから、ほうとく幼稚園の運動会の後は、必ず「再び、子ども運動会」が実施されるのだと思います。
年長児は憧れの「お父さん綱引き」「プロジェクトX]にチャレンジしたり、3歳児4歳児が年長児の組体操をして見たり、年長児が年少児のダンスをバッチリ踊ってみたりと、運動会とは一味違った楽しい運動会が繰り広げられます。こうした、関係性のなかで、 年長児の競技や係りの仕事にあこがれる未来の年長児=《年少児や年中児》、先生や保護者の競技や係りの仕事にあこがれる未来の大人=《年長児》がしっかり育つのがほうとく幼稚園の本当の「異年齢保育」なのだと感じています。
 
 カウンセリングの林邦雄先生が、運動会を最初から最後までご覧になられ、ほうとく幼稚園の運動会の素晴らしいところを3つ、まとめて下さいました。
 
       ①ユニークでユーモアがある・・・・見て楽しい、参加して楽しい運動会!
       ②おじちゃん、おばあちゃんが沢山参加・・・・世代を超えて子どもを育ててる
       ③撤収のすばやさ・・・・保護者と先生のチームワーク


           さすが、林先生!
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-14 19:25 | こんにちは!きょうこです。

「在園児保護者の方々へ緊急連絡」


気象庁より、台風18号が明日以降非常に強い勢力を維持したまま東日本接近・上陸し
広い範囲で大雨の恐れがあるとの発表がありました。
園児の安全を第一に考え、明日10月8日(木)は休園と致します。
ご家庭で、安全にお過ごしくださいますようお願いいたします。
 
                    園長 生駒祐健
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-07 16:57 | こんにちは!きょうこです。

「はれ ときどき ぶた」

運動会のテーマ「天気」決まったのは9月の中旬。
 あっ!「はれ ときどき ぶた」を年長児によんであげたいなあ~と思いつきました。
さっそく、年長組み担当のあきこ先生・かな先生が年長児と一緒によんでいます。

 この絵本の最後に作者の 矢玉四郎(やだま しろう)さんがこんな素敵なあとがきを書いています。
今の年長児に、いいえ 子どもにも オトナの私たちにも ぴったりの 応援メッセージのように 聞こえます。
 

 あしたの日記を書こう              矢玉四郎

 やすのりくんは、明日の日記を書くために、でたらめなことをいろいろ考えた。
「ばかなことばっかり考えて」と思った人も入るかもしれない。でも、ばかなことを考えるのは、あんがい難しい事なんだ。それに、ばかなことを百くら考えていると、そのうちにひとつぐらいは、素晴らしいことを考え出せるだろう。
 電球を発明した人だって、初めて飛行機を飛ばした人だって、ヨットで太平洋を渡った人だって、みんなはじめは「ばかなことをいって」と笑われたんだ。

 何かを決めるときに、手を挙げて多数決と言うのをやるだろう。これは便利な方法だけど、時には良くないこともある。多くいの人がまちがっていて、一人だけ正しかったこともよくあることだ。
 
 だから、自分で感じたこと 考えたことはちゃんといえるようにならなくちゃいけない。
 ばかなことをはっきりいえなくちゃいけないんだ。人に笑われても、おこられてもいいんだ。
 学校では教科書を覚えればいいかもしれないが、遊びには教科書はない。
 自分で新しい遊びをつくらなきゃおもしろくない。
 それと同じで、大人になったら自分の教科書は自分でつくらなきゃいけないんだ。
 だから、いまのうちから、いろんなことを考えることのできる頭をつくっておくことだ。
 

 君も明日の日記を書いてよう
                      「はれ ときどき ぶた」
                              岩崎書店 あたらしい 創作絵本13  より

 
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-06 18:45 | こんにちは!きょうこです。