「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マニアックな人々!?

c0206406_20113646.jpg

日向に可愛い背中がずらり~!!
  「俺たち見学中なんだあ」
  「楽しそう!先生もブルドウザー見よう!!」
  「違うよ、これはショベルカー」
  「あっ・・・そうなんだ」
 




満三歳児から5歳児までの子ども達が嬉しそうに見つめています。
見事に、男の子の車好き、車マニアの集団でございます。

c0206406_20132297.jpg


こちらが、マニアたちの心を捉えた
『ショベルカー』です!


 
[PR]

by houtoku-kids | 2010-01-25 20:13 | こんにちは!きょうこです。

福島民報に掲載されました

1月14日に行われた年長児のお茶会の様子が、福島民報新聞に掲載されました。
c0206406_821771.jpg
[PR]

by houtoku-kids | 2010-01-20 10:19

心温まるお茶会

年長児お茶会の後の園長先生へのお礼のお手紙です。
お正月明け、年長児は園長先生と一対一の時間を持つために、お茶会・書き初め・座禅などを園長先生と行います。これから、ご紹介する絵は、年長児はお茶会が終わった日の午後に園長先生に描いたお手紙の一部です。
c0206406_1885511.jpg
抹茶を点てていただくと、ふわふわとまろやかな泡がふたになり、お茶の風味をそっと隠してくれます。
この絵の中に、そのふわふわ感と香が漂ってきますね。何より、園長先生に点てていただいた嬉しさが、大きく描かれた茶器にあふれています


c0206406_18105950.jpg
 ずらりと、仲間の笑顔の中心に、園長先生!!一人一人が、きちんと園長先生に向かっていました。お茶を点て、一人ずつに運んでくださる園長先生に向き合って、どの子も丁寧にしっかりと目をあわせお辞儀をし、ゆっくりお茶をいただくことが出来ました。正に「一期一会」です。


c0206406_181387.jpg 園長先生は、炭をおこし茶釜に丁度良いお湯を沸かし、部屋を暖め、床の間に紅梅・白梅と弘法大師様の掛け軸、金の香炉、生け花を飾り、子ども達を迎えてくださいました。茶器はそれぞれに、今年の干支や、桜であったり、子どもどものあそびの絵柄などを選び、お菓子を綺麗に器に盛ってくださいました。この絵にも、お菓子や、茶せん細かなところまで描いてあります。

 子どもが、「心を揺さぶる」と言うことは・・・・
勢いよくまわっているコマは、外から見るとまるで止まっているように見えます。けれど、コマ自体はものすごい力を集中させまわっています。書き初めをしている年長児、コマ回しに興じる年長児、お茶会で背筋を伸ばし園長先生と向き合う年長児を見ていますと、まるで勢いよくまわっているコマそのものです。身体中のエネルギーを集中し「物・人」に真剣に向かい合い対話しています。お茶会のおよそ、1時間は、心も体も自分でコントロールする時間です。茶室に入る前のお辞儀、足をそろえ右足から入り、床の間拝見をし、座につき、仲間がそれらをするのをじっと見守り、お菓子をいただくにも、懐紙の上下、隣に気遣いの言葉をかけてから菓子を取りいただくなどなどです。これらの振る舞いやしぐさを、ほうとくの年長児は特訓して身に付けたのではありません。日々の「暮らし」の中で身に付け来たのです。
 自分の衝動や感情を自制させる事と、社会のルールを守ることが出来る、規範意識を持ち行動することは社会人なる基盤です。この基盤を育ててほうとくの年長児がこのお正月が迎えられたことを感慨深く感じています。ほうとくの保育は「生活」を大切にしています。常々、園長はこう私達に話します。「大事なことは繰り返し教える、成果ははゆっくり待っていてやるのがいい」と・・・・。
12月の劇遊びの帰り際、園庭で年長のお父さんがこう話してくれました。「先生、あいつも(息子も)人間になってきました!」年少児で入園してから、人の中で着実に育ってきた我が子をちゃんとゆっくり暖かく見守ってくださっているそのお父さんの言葉と、その横で本当に美しい笑顔でたたずむお母さん、そして 少し照れているその子の顔が忘れられません。











     
[PR]

by houtoku-kids | 2010-01-15 18:14 | こんにちは!きょうこです。

どんんぐりだより 7号

どんぐりクラスだより 第7号

c0206406_21434686.gif


大きく見る場合には↓を押して下さい。
大きく見る(PDF)
[PR]

by houtoku-kids | 2010-01-08 18:00 | どんぐりだより