ユニークでユーモアのある運動会

10月10日(土) わんぱく山で本当に楽しい運動会が繰り広げられました。
 会場に集まってくださった方々が、今まで以上に手拍子や拍手、笑い声、声援で子ども達を応援してくださり、親子競技や卒園児、PTAの競技にも子どもに負けるとも劣らぬ真剣さとチームワークを見せて下さいました。オトナが本気で綱引きをしたり、リレーをしたり、大玉送りで大騒ぎをしたり、そんな「いい空気」を子ども達が存分にあびることが出来た素晴らしい一日となりましたこと、参加してくださいました全ての方々に心より御礼申し上げます。

 「運動会が終わったから」、またもや「運動会をしよう!」運動会明けの本日、年長児は、明日「子ども運動会をやろう!」と楽しい企画をたてました。早速、「明日は、子ども運動会をします」と放送が流れると、幼稚園中から「やった~!!」と歓声が上がりました。
 ほうとく幼稚園の運動会は、よく「一つ一つが凝ってますね」「面白い競技ですね」「どの学年を見ても楽しい!!」などなどの言葉をいただきます。私の尊敬する園長先生のお一人に玉川弘先生という方がいらっしゃいます。その園長先生が「ばかばかしいことを、一生懸命にやる。大変なことは、さりげなくやるものだよ」と教えて下さいました。「幼稚園の運動会で子ども以上に本気になって応援したり、走ったり」そんなこと、ばかばかしいことと感じる人も少なくありません・・・・。けれど、子どもと一緒に、ばかばかしいことを一生懸命遊びきってくれる大人の空気をこどもが存分にあびることってとても心の栄養になるのだと運動会後の子ども達を見ていると強く感じます。
だから、ほうとく幼稚園の運動会の後は、必ず「再び、子ども運動会」が実施されるのだと思います。
年長児は憧れの「お父さん綱引き」「プロジェクトX]にチャレンジしたり、3歳児4歳児が年長児の組体操をして見たり、年長児が年少児のダンスをバッチリ踊ってみたりと、運動会とは一味違った楽しい運動会が繰り広げられます。こうした、関係性のなかで、 年長児の競技や係りの仕事にあこがれる未来の年長児=《年少児や年中児》、先生や保護者の競技や係りの仕事にあこがれる未来の大人=《年長児》がしっかり育つのがほうとく幼稚園の本当の「異年齢保育」なのだと感じています。
 
 カウンセリングの林邦雄先生が、運動会を最初から最後までご覧になられ、ほうとく幼稚園の運動会の素晴らしいところを3つ、まとめて下さいました。
 
       ①ユニークでユーモアがある・・・・見て楽しい、参加して楽しい運動会!
       ②おじちゃん、おばあちゃんが沢山参加・・・・世代を超えて子どもを育ててる
       ③撤収のすばやさ・・・・保護者と先生のチームワーク


           さすが、林先生!
[PR]

by houtoku-kids | 2009-10-14 19:25 | こんにちは!きょうこです。

<< ずいぶんじゃないですか・・・ 「在園児保護者の方々へ緊急連絡」 >>